昼キャバの魅力を知る

キャバクラ求人を探す主婦

夜の時間帯に働けなくても…

「キャバクラで働きたいけど、夜は働きたくないのよねぇ…」
意欲はあっても、この理由で働けないという方も少なくないでしょう。
特に主婦の方は、旦那と子どもが居ないうちに働きたいですよね?

そんな奥さんに伝えたい!
実は“昼キャバ”というものがあるんです!!
名前のとおり、「お昼から営業しているキャバクラ」。
これなら時間の面は解決。
空いた時間にお小遣い稼ぎが出来ますね。

しかし、昼キャバのメリットは時間だけじゃないんです。
今回は、そんな昼キャバの求人の魅力についてご紹介していきましょう。

こんなにある! 昼キャバの魅力!!

ひとつ目は“昼顔ごっこ”が出来るという事です。
旦那や彼氏がいても、夜のキャバクラでがんばっている方は沢山いらっしゃいます。
その場合、男性側もキャバクラで働いていることを知っているケースがほとんどです。
どうせ黙っていても、生活リズムがズレたりして隠しきれませんからね。

しかし、昼キャバは違います。
旦那が仕事に行っている間だけ、知らない男とイチャついて…ムフフ。
完全に「昼顔」ですね。
出勤する道のりも、どこか吉瀬美智子を意識して姿勢が良くなってしまうことでしょう。
ですが、あくまで“ごっこ”で済ませてくださいね。
本気になってしまったら、みんなが得をしない最悪な結末しか待っていません。
「昼顔」を観ていた人なら、吉瀬美智子がどういう末路に行きついたかご存知でしょう?

ふたつ目は客層の良さです。
夜と昼では客層が大きく異なります。
夜の場合は、飲み屋を2、3軒はしごしたあとに「ノリと勢いで行く」というお客さんが多め。
ですので、会話がかみ合わなかったり、酷い人だとハードにボディタッチをしてくる人もいるんです。
お客さん心理で言うと、お酒や雰囲気を楽しみに来ているといった感じですね。

それに比べて昼キャバは、キャバクラのために街に出てくるお客さんがほとんどです。
したがって、ベロベロに酔っぱらっているというケースはまれです。
夜とは反対で、キャバクラ嬢との会話を楽しみに来ていると行った感じでしょうか。
そのため、比較的接客しやすく、負担も軽めです。

ほかにも“明るい時間”ならではの魅力が沢山ありますので、実際に働いて実感してみてください。
また、今回は奥さんに向けての紹介だったので外しましたが、“朝キャバ”という昼よりもっと早い時間帯の求人もあります。

さぁ、退屈に過ごしている時間を、刺激的なひと時に変えましょう!